スイカの栄養素

スイカの栄養素!

夏を代表する食べ物といえばスイカをイメージします。しかし、スイカにはどんな栄養素があるかなんて、なかなか考えませんよね。そこで、今回はスイカの栄養素についてご紹介します。まず初めにスイカの歴史について見てみましょう。スイカは日本の風物詩と考える人も多くいるかと思いますが、なんと驚くことに日本の生産量は世界全体の1%に満たないということです。スイカの原産はアフリカ中部と推測されているようで、4000年以上前の古代エジプトの壁画でスイカが描かれていたといわれています。日本では明治時代から栽培が始まったようで、今、こうして日本中に出回っています。世界中のスイカは150種類以上あるようで紅肉種、黄肉種、白色種の3種類に分かれています。最近では、四角いスイカやハートのスイカ、三角柱状のスイカなどのスイカが販売されています。このようなスイカは型に入れられて栽培されています。スイカも時代が経つにつれて進化していますね。

 

 

次にスイカの栄養素を見ていきましょう。スイカは果肉の約95%は水分のため、有効な栄養素は少ないと思われがちですがビタミンA、ビタミンB1、B2 、ビタミンCなどのビタミン類、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどのミネラル類、グルタミン酸、アルギニンなど様々な成分を含んでいます。スイカの甘さの元である果糖やブトウ糖はエネルギー転換が早いことや、水分たっぷりで余分な塩分を輩出しむくみ解消効果のあるカリウムが含まれていることからスイカは疲労回復や夏バテの解消にも有効とされています。また、スイカには女性にとってうれしい、美肌・美白効果があります。リコピンという成分を多く含んでおり、リコピンは抗酸化作用や血行改善、そして美白効果があります。リコピンと聞くと代表的な野菜でトマトを連想しますが、リコピンはトマトより多く含まれていることが分かっています。さらに、シミやそばかすを予防・解消してくれる効果もあります。本当にスイカは素晴らしい食べ物だとわかっていただけたでしょうか。

 

すいかは野菜?果物?

 

最後に、スイカの疑問を解消しましょう。スイカとは野菜なのか、果物なのかという疑問です。ズバリ、スイカは野菜でも果物でもどちらでもあるのです。日本では果物と野菜を区分する定義があります。しかし、果物と野菜の定義は非常に複雑なものでここまでという線引きがありません。農林水産省ではスイカを果実的野菜と表記して野菜として扱っています。そのため、中央卸売市場や卸売市場では野菜として扱っています。しかし、皆さんの周りのスーパーなどでは果物として扱われています。結果的に、スイカは野菜でも果物でもあるということです。いかがでしたか?スイカの魅力は伝わりましたでしょうか。皆さんも夏にスイカを食べて暑い日を乗り越えましょう!

 

 

スイカ農場を売り払って新しく物件を購入したいという場合は、こちらの不動産売却サイトがおすすめです。

更新履歴